生きている限りは、健康でいたいと誰しも思うだろう。

病気になると辛いし、金銭的な負担もあるし、面白味もなくなってくる。

人間は酵素の働きによって食べ物を分解して栄養を吸収している――しかしながら、それだけで健康になれるわけはないのだ。

どうして体調が悪くなるのだろうか?

今回は「体の調子が悪くなる原因」について迫ってみよう。

1番目は食習慣であるが、1日1食しか食べないような人は高確率で不健康だと思う。

その理由は必要な栄養素を充分に摂取できないからである。

2番目はストレスの問題がある。

「ストレスが重なって髪の毛が抜けた!」なんてよく耳にする話だ。

ストレスは体が正常に機能することを妨げるリスクファクター(危険因子)になる。

3番目は生活環境や生活習慣だ。

たとえば喫煙習慣がある人は肺が汚い状態になってしまっている。

煙草に含まれているニコチンやタールが体に悪影響があるからだ。

それ以外にも夜更かしをして睡眠時間が極端に短い人や生活リズムが不規則な人も体調の悪さを訴えやすい。
しかしながら、こういったことは自分の意識しだいで改善できることだ。

朝起きて朝食を食べ、お昼にならばお昼ご飯を食べ、夕方帰宅すれば夜ご飯を食べて早めに寝ること――こういうことは誰にでもやる気になればできることである。

人間には誰もが平等に1日24時間与えられているのだから、それを規則正しく使えば良い話だ。

さまざまな原因はあるだろうがストレスは改善できる場合が多い。

喫煙などは誰かに指示されてしているのではないから、自業自得とも言える。

何歳になっても年齢に関係なく自分の健康について考えるだろう。

体を壊さずに健康的な人生を送りたいならば生活環境を見直すと良いだろう。